大学生のアルバイト選びは大変です。

大学生のアルバイトは種々ありますが、どんなアルバイトが良いでしょうか。

スポンサードリンク

勘三郎さんの交友関係は素晴らしい。

12月5日、急性呼吸窮迫症候群のため57才の若さで亡くなった中村勘三郎さん。彼のまわりには、常にジャンルや世代を超えたたくさんの友人がいたのです。
 親友で臨終にも立ち会った劇作家・野田秀樹さん(56才)は「彼を失ったことは災害に近い」と表現し、和田アキ子(62才)は、涙で声をつまらせながら、携帯電話にお別れのメッセージを入れたことを明かした。
 若い世代との交流も多く、次男・七之助(29才)の高校時代の同級生・松本潤(29才)とも仲がよかった。
 「入学当初、反抗期だった七之助さんが“学校をやめたい”と言っていた時に、親友だった松本潤がそれを引き止めたんです。このことを勘三郎さんはものすごく感謝していて、松潤を行きつけの高級寿司店に連れて行っては、“松潤のおかげで息子が高校出れたんだよ〜、感謝! 感謝!”と話していたそうです」

太陽

大学生のアルバイトについて

 アルバイトを探すときにi、大学生は学業を優先に考える必要があります。講義などの課外講座、実習等は突然決まったり、なくなってしまうことがありますので、普通のアルバイトでは既にシフトが組まれている場合が多く対応ができません。そこで、勤務時間が比較的自由に選ぶことが出来、時間に融通の利く短期のアルバイトは、大学生に向いているアルバイトと言えます。
短期のアルバイトは、人材派遣会社などに登録しておくことで、大学生に都合の良いアルバイトを得ることが出来ます。また、最近では携帯などの携帯端末や、パソコンを使用して何時でも、何処でも、短期アルバイトを探すことができ、時間に不定期な大学生にはそのような面でもお薦めと思われます。また、短期のアルバイトは、当日払いというものもが多く、その辺も大学生に人気がある理由の一つと思われます。
 大学生にお薦めの短期のアルバイトの中では、特にサンプリングやイベントスタッフ等の軽いものから、引越しのバイトのような重労働系も人気があります。その他、大学生の良く行う高収入アルバイトとして、試験監督官等のアルバイトもあります。また、自分の目指している職業に、アルバイトとして少しでも経験することで、その後の就職活動にも大いに役立つと思われます。

 

アルバイトについて経験者に聞きました

 大学生のアルバイトについて、経験者に聞いてみました。
 大学生のアルバイトは間違いなく言えることは、暇すぎる仕事より(ちょっと)忙しい仕事のほうが充実しています。大変だけど時間があっという間に過ぎます。それに、私が勤めていたファミリーレストランのキッチンはお客には見えない場所にあったので、仕事中も適度に雑談しながらできたので楽しかったです。客と面している、もしくは接客だとおおっぴらにしゃべれないですから、客には見えないところで仕事できるところをお勧めします。
大学生のアルバイトは、きつくなりすぎて(もしくは厳格すぎて)、雑談禁止みたいな雰囲気だと、それはそれでちょっとつまらないと思います。
もちろん本当に忙しいときは雑談してる余裕も無いです。
 大学生のアルバイトで、暇すぎるところは時間がたつのが遅く感じられ、バイトがつまらなくなり、長く続かないと思います。
だから、あまり活気の無い店はお勧めしませんとのことでした。

大学生と夜間アルバイト

大学生にとっては酷と思われますが、夜間アルバイトと呼ばれるバイトがあります。夜間アルバイトには倉庫内で行う商品の仕分けや検品作業、包装、配送などの流通関連の仕事に、工場内の製造ラインの整備と清掃、加工食品の製造といったものがあります。
 夜間に働く仕事という意味では更にアルバイトの職種は広がり、飲食店やコンビニのスタッフ、ビルの警備員や清掃員などのバイトも夜間アルバイトに含まれるでしょう。
夜間アルバイトのメリットには、昼間のアルバイトよりも給料が高い事が上げられ、バイト料は一般的な金額よりも200円程度時給が高く、副業として働くサラリーマンやOLなども少なくありません。また、夜型の生活が向くという方には好まれていますし、夜間工事を行う建築業などを除けば日中よりも静かな環境で働く事も出来ます。更に、夜間アルバイトは、髪を染めている方、ピアスなどをしている方も採用されやすいようです。
ただし、デメリットもあります。ひとつは、夜間の活動で体内時計が狂い、体調を崩す場合も考えられますから、自分の健康管理がきちんと出来るように注意が必要な点でしょう。大学生にとっては、酷ですが、大学の文科系の学生ならば、時間は融通が効くのでやれないことはありません。
夜間アルバイトは大学生としては、メリット・デメリットを良く考えて選択するようにすることがベターです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。